密林 エルフ。 【シャドバ】『アディショナル』20連勝達成『密林エルフ』が最強すぎ!!『プラントエルフ』が勝負の鍵!!【エルフ厨 #889】【シャドウバース】

【シャドバ】密林エルフで20連勝のデッキレシピ!密林エルフでプライマルギガントが強かった?!デッキコードあり!

密林 エルフ

2枚プレイ効果は積極的に発動させたいので、手札状況にもよるがこいつのためにリマーガのアクセラレートを使わずに温存することもある。 ゲーム終盤になれば、3枚目以降に使うことは難しくないため、積極的に3枚引きを狙いましょう。 そして族長にはブスをダイエットさせる能力だけではなく、ブスカウント3以降で疾走になる能力もある。 採用されていないカードについて 豊穣の闘志・アイリーネ 進化前 ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを4枚以上プレイしていたなら、 進化する。 融合 手札にある融合を持つカードに他の手札を融合させることで、融合を持つカードを強化する。 ボスや寄り道の攻略•。 できる限り手札切れの対策をしていますが、中盤以降どうしても手札が切れてしまう場合があります。

次の

【シャドバ】完全体『密林エルフ』はやっぱり強かった!?最強になれるかと言われると…??【エルフ厨 #856】【シャドウバース】

密林 エルフ

・始祖の大狼・オムニス 疾走の価値が落ちた事や、そもそも密林と相性が良くない為不採用。 原生林の族長 賛否両論ババア。 最後に注意すべきカードは貴族の舞踏 8コスエンハンス カゲミツが出た場合パワーが高い。 目標は6. 3点の攻撃力があるため、 先攻3ターン目に置いても単純に強いカードといえます。 今回はエルフ編ということで、エルフのデッキを紹介します。 アサルトジャガー 突進で無条件に盤面を取れつつ、ケツからブスを排泄する。 対空射撃 ブスをバウンスするとカウントが進みやすくなるが、単純にバウンスよりも1コス3点をありがたがっての採用が多いか。

次の

ドキッ!美少女だらけの密林エルフ!! 〜水着もあるよ!〜

密林 エルフ

場に出たカードを手札に戻して再利用と盤面処理ができるカード。 密林の守人の回収• 自分のリーダーを3回復。 これだけで20点を削り切るのは困難だが直接召喚リマーガや疾走フォロワー、UB ユニオンバースト のバフを活かすことで削り切ることが出来る。 ・プラント 守人回収カードだが打点が低くアグロプラン時にやや使いにくい。 プレイ枚数稼ぎ できるだけ 「密林の守人の再召喚」にあてたいところです。

次の

【シャドバ】密林エルフで20連勝のデッキレシピ!密林エルフでプライマルギガントが強かった?!デッキコードあり!

密林 エルフ

前者の盤面から打点を出していく動きに対しては全く問題なく対応することが出来、密林の方が若干有利に立ち回る事が出来るが後者の動きに対して全く対応することが出来ない。 その場合、7ターン目までに「守人」を6枚使い、8ターン目から「リマーガ」が直接召喚されるゲーム展開を目指します。 2コスではペインレスサムライが出た場合はスペルや効果でしか処理出来ない為手間がかかる。 妖怪ネクロ同様ゆっくりとゲームをすることが大切になる。 余裕があればケアをする。 おまけにブスカウント3以降なら盤面も取れるので後半も腐らない。 裏技・小ネタ・その他• 4プレイを行いメイを予めデッキから直接召喚で抜いておくことでデッキ圧縮をすることもある。

次の

密林エルフ

密林 エルフ

手軽かつ、攻撃力が高いため、序盤に出したいカードです。 進化後 守護 このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる。 基本的には各種カードで手札に加えていきます。 原生林の族長 以下族長 と森林の撃砕者 以下撃砕者 と守人の3種類。 ・機械樹の番人 守人カウントを稼ぐカードとして見ると効率は並の為不採用。

次の

【シャドバ】大地を裂く異形の評価と採用デッキ【シャドウバース】

密林 エルフ

アーボリストライラやブルームスピリットで盤面を強化されて負けないように盤面を処理しながら細かく点数を刻んでいく、疾走パターンは諦めるという考えでプレイする。 (他に出すカードがない時は「守人」でも出した方がよいです) 具体的には 「クロスボウスナイパー」「森林の撃砕者」「プラントエルフ」「アサルトジャガー」あたりは、進んで序盤から出していきましょう。 リマーガは早めに出せるのであれば出した方が良いがリマーガの直接召喚が勝敗に関与することは少ない。 ドラゴン対面は後攻でも1コストフォロワーを持っておき、1ターン目から動く方がよい。 ただし、アサルトジャガーをプレイできれば 3ターン目の盤面の処理性能が高くなるでしょう! 「アイテール」や「キョウカ」といった、先攻3ターン目によく出てくるフォロワーを、 攻撃させることなく処理できるのは非常に大きいです。 よくあるパターンとして7Tに出すことを重視しすぎるあまり、ライフや手札枚数進化権を大量に消費してしまいジリ貧になってしまう場合がある。

次の