フレンチブルドッグ 飼い方。 フレンチブルドッグの特徴や性格、飼い方について

犬図鑑

フレンチブルドッグ 飼い方

可愛い愛犬の頼みなので、ついかまってあげたくなるかもしれませんが、心を鬼にして無視するべきでしょう。 皮膚の病気 フレンチブルドッグは、アレルギー性皮膚炎、マラセチア皮膚炎、濃皮症などを好発しやすい犬種ですので、毎日の食事や皮膚のケアをしっかりと管理することが大切です。 ヨーロッパタイプのフレンチブルドッグは、体型は筋肉質で、ギュッと引き締まった力強いボディをしています。 ただし、 人間用の香水は絶対に使わないようにして下さい。 皮膚が弱い?「アレルギー性皮膚炎」「マラセチア皮膚炎」「膿皮症」 フレンチブルドッグはデリケートな皮膚をしているので、「アレルギー性皮膚炎」や「マラセチア皮膚炎」、「膿皮症」といった皮膚に関連する病気になりやすい傾向があります。 奇心旺盛で特に子犬の頃は色々なものを口に入れてしまうため、床の上にはできるだけ物を置かないようにするか、犬が届かない位置に置くように気をつけます。

次の

【犬種/サイズ】フレンチブルドッグの大きさや体重・サイズ

フレンチブルドッグ 飼い方

ご自身に合った子を見つけられると良いですね。 眼のトラブルが起きている場合は、早めに動物病院を受診してください。 どちらかというと何にでも興味を持って、積極的に活動する好奇心旺盛さのほうが目立ちます。 一方、女の子は散歩にはあまりこだわりがなく、基本的に落ち着きがありますが、わがままな一面が見られます。 この頃にはアメリカにも持ち帰られて繁殖がはじまっていたフレンチブルドッグはアメリカでは立ち耳のほうが人気、ヨーロッパでは垂れ耳のほうが人気でした。 ヘルニア部分が大きい子は手術の必要が出てきますので、選ぶ時にはなるべくヘルニア部分が小さいほうがいいでしょう。 アメリカタイプとヨーロッパタイプの違い フレンチブルドックは大別すると2「アメリカタイプ」と「ヨーロッパタイプ」の2種類に大別されます。

次の

フレンチブルドッグの特徴や性格、飼い方について

フレンチブルドッグ 飼い方

どすっと大きく見える体でも動きは俊敏。 必ず散歩中は大人がついていくようにしましょう。 ご飯の選り好みをしないのは飼いやすい点のひとつですが、しっかりと食事管理はしましょう。 臭いが強すぎたり、犬の皮膚には合わないことが多いので、必ず犬用のものを使用しましょう。 噛み癖には遊びや好奇心、要求など理由は個体によって異なります。 あとはおとなしく過ごしています。

次の

子犬の飼い方|フレンチブルドッグ情報サイト フレブルパーク

フレンチブルドッグ 飼い方

フレンチブルドッグ(フレブル)の価格相場 フレンチブルドッグの平均価格は30万円前後が相場となっています。 このようなタイプの人であれば、フレンチブルドッグと仲良く過ごせる最高の飼い主でありパートナーとなることでしょう。 イギリスではコウモリのような大きな立ち耳の「 バッド・イア(こうもり・耳)」が不評でしたが、フランスの女性には好評で、 19世紀後半には上流階級家庭で飼育されるほど大人気となりました。 加えて、脚がガニ股気味ですので、股関節に負担かかってしまいます。 それでもフレンチブルドッグは明るくて一緒に遊ぶのことを楽しめるし、人とも犬とも仲良くできる点でも、とても飼いやすい犬種だといえるでしょう。 ケージの中など、トイレの場所を決めトイレシーツを敷きます。 悪いことをした時はその直前や直後にタイミングよく怒ること。

次の

多頭飼いのルール

フレンチブルドッグ 飼い方

親のサイズや食べる量によって体重は変わるので、標準体重を見極めて維持するように心がけましょう。 (近所の方に『声帯を切っているの』と言われるくらいです(勿論、声帯を切るような事は致しておりませんが) 【総評】 とても情深い犬種だと思います。 5ヶ月になるフレブルの女の子なのですが、トイレ等のしつけもなんとか覚えて 最近は寝る時以外はゲージから出して生活してます。 フレンチブルドッグの最大の特徴は、起源とされる戦闘犬ブルドッグとは正反対であることです。 フレンチブルドッグのお手入れ方法は? ブラッシングやシャンプーなど、抜け毛対策以外にも定期的に行う必要があるお手入れはまだまだあります。

次の

多頭飼いのルール

フレンチブルドッグ 飼い方

甘やかせ過ぎると噛み癖の原因に 甘えん坊でかわいらしいフレンチブルドッグですが、されるがまま甘噛みを続けていると噛み癖が付く場合があります。 軽めの運動、毎日の散歩で十分です。 フレンチブルドッグは面倒くさがらずにきちんとケアをしていればトラブルは少なく、飼いやすい印象です。 異物の誤飲 こちらは病気ではありませんが、フレンチブルドッグによくおこることなので紹介します。 最後に、餌による体重管理についてです。 特に注意をしたほうが良い点を挙げていきます。

次の

フレンチ・ブルドッグの特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑|いぬのきもちWEB MAGAZINE

フレンチブルドッグ 飼い方

飼いやすいかどうかは、どれだけそのコに時間と愛情をかけて責任を持って育ているかということでも変わってくるかもしれません。 共通の魅力であるペチャ鼻顔は愛らしくて人気のモトになっていますが、一度ハマると逃げ出せない魅力も共通と言われています。 また、とても賢い犬でもあります。 体格がしっかりしていないということは、先天的に疾患をもっている場合があるので気をつけましょう。 また頭の回転が早く、吸収力も高いと言われていますので、しっかり訓練をすればとても飼いやすいパートナーになるでしょう。 クリーム…クリーム色単色• その際、脱水症状を起こさぬように、水を飲ませることも忘れずにしましょう。 人と遊ぶことが好きで遊びを気に入ると何度も要求してくることもあるのだとか。

次の