聖川真斗 夢小説。 夢女子にも単体萌えにもなれないがとにかく推しが尊い話

夢女子にも単体萌えにもなれないがとにかく推しが尊い話

聖川真斗 夢小説

(マジレジェ八話は違ったけど!)あと、褒めたり叱ったりするバランスが上手そう。 「難しいですね……」 「赤ちゃんねえ……なんかありがちだけどさ、こうのとりさんが運んで来てくれるーってのは?」 うーんと腕を組んで悩んでいた音也が、ぱっと思いついたように言った。 だから、お母さんやお父さんはちっちゃい子には本当のことを教えなかったり、本当のこととは違うことを言ったりするんだ。 「なんだよ?お前も俺に殴られたいのか?」 更に目つきを厳しくすると、砂月は春歌を睨みつけた。 WEBアンソロジー 【参加サイト一覧】• そのままの姿勢でしばし考えた後、結局顔を真っ赤にさせて、 「そ、そんなの、七海のいる前で言えるわけないだろ!」 と怒った。 「翔ちゃんひどい……僕何も悪くないのに」 しゅんと肩を落とす那月。

次の

☆ゆりにゃんこ☆さんの日記 夢小説(ドリーム小説)が無料で楽しめる

聖川真斗 夢小説

うーん、兄を感じるのはカウンセリングゲーと名高いのプリンスの中で一番メンタルが強靭そうだからだろう。 「いい加減に話を進めましょう。 だから本当のことを知らない子や、違うことを言ってる子もいるかもしれない。 そうだな。 「まったくお前らいい加減にだな……おい、渋谷、どうした」 翔の声に皆が目をやれば、友千香は暗い影を背負い、ニヒルな笑みを浮かべて右手で左手を抱えていた。

次の

プリンスさまと恋人です!【うたプリ短編集】1

聖川真斗 夢小説

BL、腐向け嫌いな人は見ないでください。 「いや、那月よりひどいぞ!無駄に具体的だ!」 「どこがです?私が七海君に言わせたい単語は入っていないつもり……いや、待てよ……」 「もう七海にセクハラするのはやめろ!!」 翔が息も絶え絶えに叫ぶ。 「いや、知らない方がいいと思うよ、七海……」 「うん。 「トキヤくん、細かい所まで見てますね~」 「いや、那月!その感想もおかしいだろ!っていうかつまりどういう状況なんだよさっぱりわかんねえよ!!」 翔が泣きだしそうな声で叫ぶ。 「でも、じいにきいたら、『そ、そのようなことはぼっちゃまにお聞き下さい。

次の

小説 [フォレストページ+] 夢小説対応・簡単オシャレな創作サイト作成サービス

聖川真斗 夢小説

真衣ちゃんは良い子だからできるよね?」 「うん!真衣できる!」 こうして何事も無く、平和に説明は終わった。 「一十木、何をニヤついているんだ」 真斗がキッと厳しい視線を音也に送る。 那翔から入ります。 けれど、レンくんはそんな危機的状況を一瞬にして変えてしまった。 俺らだけじゃ前に進まない。 「真衣!少し待っていろと言っただろ」 走ってやってきて抱きついた妹をぽすんと受け止めると、真斗はその頭を撫でながら軽く諌める。

次の

うたプリ♪夢学園

聖川真斗 夢小説

男性が女性に自らの体液、つまり精s」 「那月と同レベルじゃねーか!!」 翔はそのトレードマークである帽子をトキヤに思いっきり叩き付けた。 「まったく、四ノ宮さんには困ったものですね」 「え~僕ですかあ?」 「自分は違いますみたいな顔するのやめろ!」 翔がまたしてもつっこみスキルを発動していると、 「やれやれ、さっきから騒がしいね」 話題の人物、神宮寺レンが、ゆっくりと彼独特のモデル歩きでこちらへ向かってくるのが見えた。 「真衣ちゃんですよね。 「先程から……七海君がお弁当箱を開く時にお箸を落としそうになってしまい、けれどどうにか落とさずに済みふっと恥ずかしそうに笑った時からいましたが」 なんとなく自慢するような口調で答える。 先程真斗から説明されている間面白いくらいに表情をころころ変えていた翔は、現在頬をうっすらと赤くしている。 先輩と蘭丸先輩のいちごの攻防も笑ったんですけど…w まあ、思い出に浸るのはここまでにして。

次の

夢女子にも単体萌えにもなれないがとにかく推しが尊い話

聖川真斗 夢小説

弱い姿を強さに変わる姿に変わる所を見ていてほしい…これはレンくんからのメッセージなんだ。 聖川真斗が本気で音楽が好きで、熱い心を持ってるっていうのがアニメでもわかるセリフで。 どうして神宮寺さんと一緒に?」 レンの右肩にはクップルがひっついていた。 多分記念日とか気にするタイプだとみた。 主人公のことが好きな那月だけど・・・主人公は大切な人の好きな人で・・・。

次の

君色日記。 [フォレストページ+] 夢小説対応・簡単オシャレな創作サイト作成サービス

聖川真斗 夢小説

どうやったら赤ん坊が生まれるのかを本当に彼女が理解しているのかどうかと」 「どう考えても下心満載じゃねーか!!」 全く悪びれていない様子で涼しげな顔をしているトキヤに対し、翔はつっこみに疲れて、ぜえぜえと荒い息をして肩を上下に揺らしていた。 「砂月くんは、『あかちゃんはどこから来るの』と女の子に聞かれたら、どう説明しますか?」 春歌の問いかけは非常に純粋でからかいの気持ちなど微塵もなかった。 なにいってんだこいつ? いや、わかるよ、わかる。 そしたら「お前は知らなくていい」と突っぱねられるわけですよ。 例えば、学園時代レンくんの取り巻きにすらなれずにいるのに微笑みかけられただけで特別扱いされたと勘違いしているレディの一人に私はなりたかった。 この場に居るある人物の怒りがふつふつと煮詰まり、もうすぐ沸点を迎えようとしていることを悟っていたからである。 体温が高いとかそういうレベルじゃない。

次の

うたプリ♪夢学園

聖川真斗 夢小説

私はあのファッションショーで初めて上京してあんなことになって泣きそうだった。 「というわけで、もうレンのとこ行くぞ。 「意外ですね。 切切最後は甘。 那月編。 「簡単です。 そうしてグルグル一人で悩んでとかに愚痴を書き込んだりするのだ。

次の