先 場所 優勝 力士。 徳勝龍、珍記録の多い初優勝

大相撲

先 場所 優勝 力士

1961年 昭和36年 7月 東大関 13勝2敗 4場所ぶり2度目 1961年 昭和36年 9月 東大関 12勝3敗 2場所連続3度目 柏戸・との優勝決定戦を制す。 北の富士と玉乃島は場所後に共に横綱昇進。 『』2019年3月号 p. 『大相撲中継』2017年10月13日号 p. この場所は5日で打ち上げ。 2018年 平成30年 9月 西横綱 15勝 5場所ぶり41度目 2018年 平成30年 11月 東小結 13勝2敗 初優勝 小結の優勝は2000年5月の魁皇以来。 それに比べたら、ちょっとの痛みなんて」と話しており、そのため玉鷲も怪我に対しては我慢することを心掛けている。 先日の日本大相撲トーナメントでも悲願の初優勝をして今度は本場所での初優勝への意気込みはすごいと思うからです。 1962年 昭和37年 5月 西関脇 14勝1敗 初優勝 1962年 昭和37年 7月 東横綱 14勝1敗 3場所ぶり6度目 1962年 昭和37年 9月 東横綱 13勝2敗 2場所連続7度目 佐田の山との優勝決定戦を制す。

次の

大相撲.jp

先 場所 優勝 力士

2014年1月場所は東前頭6枚目での8勝7敗という成績ながら平幕上位に勝ち越し者が少なかった 影響で翌3月場所は4枚半上昇となる西前頭筆頭の地位を与えられ、自己最高位を更新。 com 2016年12月26日 12時48分• 西3枚目で迎えた5月場所は、中日に全勝の横綱・を一方的に押し出し、3つ目の金星を獲得した。 1780年 安永9年 10月 東関脇 鷲ヶ濱 谷風 9勝1敗 谷風は西関脇で8勝0敗2預、41連勝。 稀勢の里の大関在位中は5戦全敗。 一番一番、楽しんでいた。

次の

幕内は東関脇御嶽海が2度めの優勝!大相撲九月場所(秋場所)優勝力士・三賞受賞力士まとめ|好きです!大相撲

先 場所 優勝 力士

横綱も万全とは言えない中でチャンスだと思いますし、勢いのある下の世代にも負けずに初優勝してくれると信じています。 2015年(平成27年) 1月 東横綱 白鵬翔 15戦全勝 33 史上初、全6場所全勝優勝。 下位力士が優勝決定戦で初めて勝つ。 大綱は東小結で6勝1敗1分1無勝負、直接の取組では山颪をくだしている。 7月 西大関2 日馬富士公平 15戦全勝 3 白鵬翔との千秋楽結びの一番全勝同士の相星決戦を制す。

次の

貴景勝 光信 力士情報

先 場所 優勝 力士

3月 西横綱 白鵬翔 14勝1敗 36 次点は13勝2敗の稀勢の里。 横綱・大関の絡まない決定戦は初めて。 将来の伸びしろの大きさから、今場所に限らず、これからずっと期待の力士です。 24 19:44• 1894年 明治27年 5月 東関脇 8勝1敗1休 明治28年 1月 東大関 小錦 8勝1敗1休 1895年 明治28年 6月 西小結 7勝0敗1分2休 1休は相手力士休場。 1955年 昭和30年 3月 東横綱 13勝2敗 2場所連続5度目 との優勝決定戦を制す。 髙安の大関在位中は5勝8敗。 1場所4個の金星を配給した横綱の優勝は史上初。

次の

大相撲春 (大阪)場所 2019の優勝力士をしっかり予想してみました!

先 場所 優勝 力士

優勝力士の決定方法 [ ] 原則は、勝ち数と負け数の差が一番多い力士を優勝としている。 1884年 明治17年 5月 西小結 8勝0敗1分1休 明治18年 1月 西三役格張出 大達 7勝1敗1分1休 1885年 明治18年 5月 西関脇 大達 8勝1敗1休 明治19年 1月 西前9 鶴ヶ濱 7勝0敗2分1休 1886年 明治19年 5月 東大関 劔山 大達 7勝1敗1預1休 大達は西大関で6勝0敗1分3休。 朝青龍明徳引退後に優勝を続けてきた白鵬翔は史上初の8連覇を逃す。 写真は大手町公園におかれた 小倉陸軍造兵廠の給水塔の レプリカです@北九州?? 女性 40代 白鵬(宮城野モンゴル) ・優勝は、白鵬。 1986年 昭和61年 5月 東横綱 13勝2敗 2場所ぶり16度目 北尾との千秋楽結びの一番2敗同士の相星決戦を制す。 享和2年 2月 西前4 荒岩 8勝1敗1休 1802年 享和2年 11月 西大関 雷電 8勝0敗2休 享和3年 4月 西大関 雷電 千田川、梁、 佐渡ヶ嶽、山颪 5勝0敗2預 千田川は西関脇6勝1敗、梁は東小結5勝0敗2休、 佐渡ヶ嶽は西前頭2枚目で6勝1敗、山颪は番付外で5勝0敗2預。

次の

幕内は東関脇御嶽海が2度めの優勝!大相撲九月場所(秋場所)優勝力士・三賞受賞力士まとめ|好きです!大相撲

先 場所 優勝 力士

2011年 平成23年 7月 西大関 14勝1敗 12場所ぶり2度目 2011年 平成23年 9月 東横綱 13勝2敗 2場所ぶり20度目 2011年 平成23年 11月 東横綱 14勝1敗 2場所連続21度目 2012年 平成24年 1月 東大関 14勝1敗 初優勝 エストニア出身力士初の優勝。 1931年 昭和6年 5月 東小結 10勝1敗 初優勝 西前3の清水川が同点。 Wikipediaのデータを引用、参考に作成しました。 明治14年 1月 西大関 梅ヶ谷 7勝1敗1分1休 9日目、58連勝とまる。 108• 1941年 昭和16年 5月 西大関 14勝1敗 初優勝 1942年 昭和17年 1月 東横綱 14勝1敗 2場所ぶり9度目 1942年 昭和17年 5月 東横綱 13勝2敗 2場所連続10度目 西大関の安藝ノ海、西大関のが同点。

次の

【大相撲】1月場所(初場所)歴代幕内優勝力士を一挙紹介!

先 場所 優勝 力士

1953年 昭和28年 1月 東大関 14勝1敗 初優勝 場所後に横綱昇進。 小物づくりやクッキー作りが趣味であり、何かを買うよりも作るのが好きである。 テレビ観戦していましたが、貴景勝の方が良く相手を見ていました。 2017年9月場所の9回目の対戦で初勝利。 寛政9年 3月 西大関 雷電 磐石 8勝1敗1休 7日目で43連勝止まる、翌日から44連勝開始、磐石は東関脇で8勝1敗1休。

次の

大相撲初場所の徳勝・千秋楽・優勝インタビューが話題

先 場所 優勝 力士

NHK 1月25日 17時12分• 1950年代 [ ] 場所 番付 四股名 部屋 成績 優勝回数 備考 1950年 昭和25年 1月 東大関 12勝3敗 2場所連続2度目 1950年 昭和25年 5月 西横綱 14勝1敗 4場所ぶり3度目 1950年 昭和25年 9月 東張横 13勝2敗 初優勝 吉葉山との優勝決定戦を制す。 翌日より休場に追い込まれている。 同年9月場所には再び十両へ陥落したが、その9月場所で東十両筆頭の位置で11勝4敗の好成績を挙げて初の十両優勝を果たした。 技能賞1回(2016年11月場所)• スポーツニッポン2019年1月28日• 11勝4敗での優勝は1996年11月の武蔵丸以来。 日馬富士の大関在位中は1勝1敗。 横綱の面子を保つための優勝は必須です。

次の