目途 と 目処。 「目途」の意味とは?使い方の例文と「目処」との違いを解説

目途|読み方・意味・使い方・目処との違い・英語表現などを解説

目途 と 目処

目途の英語表現 「目途」の英語表現としては、「objective」が最もふさわしいといえるでしょう。 「目途」と「目処」の違いとは? 「目処」の意味は「見当」 「目途」とよく似た言葉が「目処」です。 提案だったけどおかげさまで 目鼻がつき、今や主力案件となっている。 大事なメールなので、明日を 目途に返信するように。 そして、「 途」という字は、 「音読み」では「ト」と読みますが、 「訓読み」では読み方が存在しません。 ついに 目途の獲物を見つけることができた。

次の

目処(めど)と目途(もくと)

目途 と 目処

これは、具体的にどのくらいの時間がかかるのかを計算しているわけではなく、ぼんやりと直感で予測しているような状態です。 補足すると、「目処」の方は、 「目処が 立つ」という言い方をする場合もあります。 ・相談時間については一人につき30分を目安にしているが、場合によっては長引くことがある。 また、例文2では、工事は来年に完成する予定であり、完成する道筋がはっきりとわかっている状態を意味しています。 「目処萩」は古来から占いをする際に用いられていたので、「占い」自体を「メド」と呼ぶようになりました。 残業を終わらせる見込みが立ってきた。

次の

目途 と 目処 意味はほぼ同じですか。 目途って 「もくと」と発音しますか。それとも「めど」と発音しますか。

目途 と 目処

「目途(もくと)」の使い方 目途(もくと)という言葉は「目標・目的・めあて」などの意味を持ちますが、 通常は同じ意味を持つ「目処(めど)」という言葉を使うのが一般的です。 かしこまったシーンで使用される「目途」に対して、「目処」はビジネスシーンから日常会話まで幅広く用いられるといえるでしょう。 お心遣い感謝いたします。 30・内閣告示第2号 【漢字】【音訓】... 「目安」と「目処」は、意味合いはよく似ていますが、ニュアンスには微妙な違いがあります。 「目途」と「目処」の違いは意味や使うシーン 「目途」とよく似た言葉の「目処」ですが、2つには違いがあります。 「 目処」=「 めど」と読む。 目安とは 「目安」とは、「おおよその見当」や「目当て」また「目標」といった意味の言葉です。

次の

「目処」とは?意味や使い方をご紹介

目途 と 目処

「安」は音読みで「アン」、訓読みで「やすい・いずくに」と読みます。 ・遠足の時期が近づいてきたので、そろそろ費用の目安を立てなければいけない。 ・その俳優はスキャンダルが発覚したため自宅謹慎中で、未だに復帰の目途は立っていない。 「目途」と「目処」は読み方だけでなく、意味や主に使用されるシーンも異なります。 例えば、「10分を目処に小テストを行う」だったら「10分を目標にして、問題を解く」、「事件を片付ける目処が付く」だったら「事件を片付ける見当が付く」という意味になります。

次の

目途(もくと)の意味・読み方・目処との違いとその正しい使い方

目途 と 目処

目途の類語・類義語としては、目指すべき場所や印を意味する「目標」、実現したいことを意味する「目的」、先行きの予想を意味する「見込み」、将来の予測を意味する「見通し」、行く末を見渡すことを意味する「展望」などがあります。 なにか目標を立てた際に、そこに至るまでの道筋を考えに含んでいる場合や、金銭などの使用用途がはっきりとわかっている物事について表現する場合に「目途」という言葉を使うようにしましょう。 「目処」の方が元から存在した漢字です。 「目」は人間の視覚器官のことで、「安」は「わかりやすい」を指します。 このブログでは、 英語の勉強法に関する情報や 海外で自由に生きる方法などを 中心にシェアしています。

次の

「目処が立つ」と英語で言いたいときに使える4つのフレーズ

目途 と 目処

「目途」は日常会話では「めど」と読むことが多いですが、政治家などが挨拶や演説をするときは「もくと」という読みで使うことが多いです。 こんな国民が使いもしない言葉をわざわざ所信表明に用いなくても いいんじゃないのかなと思うんですよね。 「 見通し」の意味で使うことが多い。 また、「途」には字音として「ト」が掲げてあり、字訓は掲げていない。 「処」は音読みで「ショ」、訓読みで「おる・おく・ところ」と読みます。 【例】 目........ そして2つ目は、「 読み方の違い」です。 主任の連日の交渉とスタッフの頑張りで、締日までの 見通しが何とか 立つ• となります。

次の

目途|読み方・意味・使い方・目処との違い・英語表現などを解説

目途 と 目処

すでに説明した通り、どちらの言葉も 一応は「めど」と読めるということでしたね。 そこで、以下では「目処が立つ」の使い方を、ビジネスシーンと日常的なシーンに分けて解説します。 • この場合の「目途」は「目標」という意味で使われていると解釈するのが最も適当でしょう。 目処(めど)と目途(もくと) 昨日の国会中継を見ていたら、野田総理の所信表明演説で 目処を「もくど」と読みまちがえてた(と思った)ので 麻生さんのときにあんなに漢字の読み方をつっこんだのに なにやってんだと思ったら、 どうやら「目途(もくと)」のことで別の言葉らしい。 「めど」と読み、「見当」「目標」を意味します。

次の

目処(めど)と目途(もくと)

目途 と 目処

「占い」は、 将来を予測して人にアドバイスを与えるものです。 結論から言うと、この二つの表現にはほとんど意味の違いはありません。 「 湯桶読み」とは、 「 前の字が訓読み・後ろの字が音読みの熟語」のことを指し、 本来の読み方ではない不規則な読み方のことを表します。 「目」は「めじるしとなるもの、しるしとなるもの」を意味します。 「目処」と似たような使い方ができますが、主に「目標」の意味で多く使われます。 結果、「目処が立つ」と「目処がつく」は意味や使い方に関して、ほぼ同じであると捉えることができます。 また、「目処が立つ」に敬語表現はありませんが、文章を丁寧語を用いてまとめることで、相手に敬意を使えることができます。

次の