要保護児童対策地域協議会 課題。 要保護児童対策地域協議会

児童虐待アンケート報告書|東京都社会福祉協議会

要保護児童対策地域協議会 課題

週6日のセンターが18センター、週7日の6センターが開所し、相談に応じている。 以下の地域の関係機関に対して共通することとして、まず、虐待の早期発見・通告、要支援家庭の発見と地域ネットワークへの参加が期待されている。 正規職員の年収は300万円未満が31. 子の心理的な観察や見守りを依頼したい など• 職員構成・人員体制、資格・経験、2. また、庁内他部署、他機関との 連携による支援を機能させていくために、情報提供だけにとどまらない連携の形が模索されている。 自治体内の他部署との連携により取り組んでいる工夫、4. 要保護児童対策地域協議会及び児童虐待ネットワークの設置状況、4. 詳細 [ ] 第25条の2に設置根拠を持つ。 各区市町村の他部署との連携状況、5. 児童虐待対応における課題、5. また、調査結 果を踏まえ、提言活動を行う。

次の

児童虐待アンケート報告書|東京都社会福祉協議会

要保護児童対策地域協議会 課題

6 各関係機関に期待する役割 主な意見は以下のとおりである。 各区市町村の取り組みの特徴や工夫 2 子ども家庭支援センターあてアンケート 1. 3 関係機関との日常的な連携の現状 支援センターが連携を図る必要のある地域の関係機関 児童相談所、保健所・保健センター、学校、保育所、幼稚園、主任児童委員 との日常的な連携についての課題の有無をたずねた結果、多くのセンターが学校、幼稚園との連携に課題を感じていることがわかった。 子どもの処遇だけでなく、保護者支援体制づくり など• 保健所・保健センター…精神疾患や依存症を伴う親をもつ子のケースについての専門的なアプローチ など• 民生・児童委員…虐待家庭への見守りと相談役、学童期の子どもに対しては顔合わせをしたり、慣れ親しんでもらって、子どもが相談できたり尋ねていける関係絵づくりや家事へのアドバイスなどを期待したい など• 実施主体 社会福祉法人 東京都社会福祉協議会 実施時期 平成17年12月~平成18年3月 実施方法 郵送による送付、郵送による回収 調査項目 1 区市町村児童福祉主管課あてアンケート 1. 実施している母子保健事業、2. 現在おこなっている実務担当者会を継続し、事例の共有とスキルアップのための支援をしてほしい。 医療機関…不審な傷・けがや未治療の歯があった場合には情報提供してほしい など• その他 特徴 [ ] 各関係機関等が連携を取り合うことで情報の共有化が図られ、迅速に支援を開始することができるとされる。 4 児童虐待問題への対応・課題、他機関に求める支援、期待する役割 対応上の課題として、37区市町村が経験やスキルの不足を、29区市町村が緊急時 夜間、土日 の体制をあげている。 p14-17(厚生労働省) 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• (厚生労働省)• なお、必ずしも以下に挙げた構成員全てが参加しているとは限らない。 5 子ども家庭支援センターの役割 子ども家庭支援センターが、調整の中核機関となるべきであり、関係機関によるネットワークを構築し、問題解決のための支援の進行管理を行うという意見が多数であった。

次の

要保護児童対策地域協議会

要保護児童対策地域協議会 課題

母子自立支援・婦人相談員…DV被害にあった母子、ひとり親家庭への支援。 児童相談所以外の機関・団体に期待する役割、7. 学校…親への対応や子のスクールカウンセラーにつながること。 警察・司法関係(、、など)• 支援の流れ、3. 対象 東京都内区市町村における児童福祉主管課 子ども家庭支援センター 区保健所、区保健センター、市保健センター 注 子ども家庭支援センター事業は都独自の事業であり、その事業内容については他県からの関心も高いところです。 設置に際しては、協議会の名称や構成メンバー等の公示が義務付けられている(児童福祉法第25条の2第3項)。 支援に関連して協議された内容は、法令に基づく正当行為として守秘義務違反や個人情報保護法違反の違法性が問われないとされている。 本調査は、保健所へ送付し、区内の母子保健事業を実施する保健所・保健センターへ調査票の配布を依頼した。 (児童福祉法第6条の3第8項)• 2 区市町村における支援の流れ 正規職員の一日の拘束時間は、8時間以上9時間未満の人が76. (児童福祉法第6条の3第5項)• 児童虐待ネットワークからの移行を検討している地区も多い。

次の

児童虐待アンケート報告書|東京都社会福祉協議会

要保護児童対策地域協議会 課題

要保護児童対策協議会は、守秘義務の履行徹底がポイントであり、構成機関の拡大、情報提供の際のルールづくりなどが移行上の課題となっている。 母子保健. 2 時間外の対応 留守番電話による対応が多い。 その設置は努力義務規程とされているが、大部分の市区町村が設置している(平成25年4月1日現在において98. 個別事項としては、次のような役割を期待する意見が出されている。 児童福祉関係(市町村の児童福祉・母子保健等の担当部局、、(家庭児童相談室)、など)• やの支援機関という点で共通する児童相談所との役割分担について、両者は協働して援助を行なうものとされているが、がより上位組織に位置づけられている。 児童相談所に求める支援、6. 3 要保護児童対策地域協議会及び児童虐待防止ネットワークの状況 要保護児童対策地域協議会の実施地区は11地区。 ~調査項目ごとの結果のあらまし~子ども家庭支援センターあてアンケート~ 1 職員の構成・人員体制、資格・経験について ・センター長 …区市町村職員が専属-49センター中22センター ・ 虐待対策ワーカー …54センター中24センター 内、先駆方子ども家庭支援センターは21センター、3センターは市町村が独自に配置しているもの 2 開所・相談日の状況 1 開所曜日・時間、相談日・時間 一週間あたりの開所日数は、週5日のセンターが24センター。 保健医療関係(、、、など)• 区内の保健センターの回答を保健所がとりまとめしご回答いただいた場合には、回収数に、1保健所とセンター数分の数値をカウントしている。

次の

児童虐待アンケート報告書|東京都社会福祉協議会

要保護児童対策地域協議会 課題

ファミリーサポートセンター…利用内容に適さない家族がいた場合、また問題が見られた場合は、その家族に子ども家庭支援センターを必ず紹介してほしい。 内、児童虐待防止ネットワークや要保護児童対策地域協議会とは別に庁内連絡会を組織している区市町村は16箇所あった。 児童虐待問題の予防、早期発見、対応のために取組んでいる母子保健事業、3. 対象者 [ ] 第25条の2第1項により、以下の3者を支援対象に定めることができる。 人権擁護関係(、)•。 緊急時には当直から職員に連絡がいく体制をとっているセンターもある。 対応曜日・時間、3. 児童相談所…こまめにケースの情報交換と処遇方針の確認をすること。 教育関係(、、など)• 児童虐待アンケート報告書 実施のあらまし 調査名称 東京都内区市町村における児童虐待対応及び予防に関するアンケート 調査目的 平成17年4月より児童相談が区市町村に位置づけられたことに伴い、区市町村で行われている児童虐待に関する相談及び予防に関する事業の実 態把握を行い、これを広く情報提供して参考に供することによって、各地域における児童虐待問題への取り組みの促進に資することを目的とする。

次の

児童虐待アンケート報告書|東京都社会福祉協議会

要保護児童対策地域協議会 課題

庁内の推進体制、2. 保育所・幼稚園…子どもに傷があった場合の迅速な連絡。 関係機関 児童相談所、保健所もしくは保健センター、学校、保育所、幼稚園、主任児童委 員 との日常的な連携の状況、4. (児童福祉法第6条の3第5項) 代表的な構成員 [ ] 以下のような関係者が代表的な構成員として挙げられている。 関係機関・団体へ期待したい役割 3 保健所・保健センターあてアンケート 1. 区部は、1区内に1保健所と複数の保健センターを設置している。 4 自治体内の他部署との連携による取組み 庁内の定期的な連絡会組織をもつ自治体は30区市町村あった。 また、保健所・保健センターは従来より母子保健事業を通じて、早期発 見、予防に関して重要な役割を果たしてきているので、保健所・保健センターも今回の調査対象とし、実態把握に努めました。 また、17時15分までが18センターと最も多く、最長は19時15分まで開所のセンターが1センターある。

次の