バジリスクタイム 終了ボイス。 バジリスク

バジリスク

バジリスクタイム 終了ボイス

テーブルの選択率は設定によって異なり、1セット目にLv3を選択するテーブル テーブル3・4・9・10 は高設定ほど選択されやすく、 テーブル5なら高設定が確定となる。 籠演出で朧 紫着物?と思ったら朧で確定。 41% 18. 「絆高確は超重要」 絆高確の種類によって高期待度となる小役の種類が異なり、対象となった小役のBC当選率がアップ。 3つのポイント 絆2の通常時は内部モード、内部状態、テーブルの3つのポイントが存在。 となる。 41% 27. 当選すれば周期までのG数が0となり、周期抽選が行われる。 高確率中の周期到達もCZ(チャンスゾーン)確定となっています。

次の

バジリスク~甲賀忍法帖~絆

バジリスクタイム 終了ボイス

好きなところから見る• 流星群もモードB以上確定と一見強そうに見えますし、打てそうに思えるのですが… 絆2においてモードBを打たされるのは結構なマイナスポイントです。 基本は6回スルーで天井となりますが、最大天井が選択された場合はAT複数ストックに期待できるようです。 39% 0. ただ、一部の情報では、設定4挙動台で、矛盾が出たとの報告例も・・・ まだはっきりしていませんが、高設定確定は間違いなさそうですね。 BGM 示唆 甲賀忍法帖 継続確定!? 39% 0. 13% 6. 次項目をご覧ください。 【設定変更時はバジリスクチャンス(BC)天井を再抽選】 設定変更時に専用の抽選でモードが決定。 追想の刻中は5G、争忍の刻中は8Gとなる。

次の

バジリスク

バジリスクタイム 終了ボイス

BT終了画面のボイス BT終了画面でサブ液晶にタッチすると次回のテーブル示唆のボイスが発生• 39% 激闘 0. 1 弱チェリー成立には設定差がある。 良いテーブルが選ばれれば、モードも優遇され、高確や超高確に移行しやすい。 通常時は主にバジリスクチャンス(BC)と、3種類の 争忍チャレンジ(CZ)を契機にARTバジリスクタイム(BT)突入を目指す。 弦之介の「我が忍法、とくと味わえ!」は真瞳術チャンスが確定する。 結果として、BC・BTに当選しやすくなる。

次の

バジリスク絆 BCテンパイ音のセリフ・ボイス振り分け|天膳・豹馬セリフは激熱!?

バジリスクタイム 終了ボイス

弦之介「出立の刻じゃ」… デフォルト• また、も確認しておきましょう。 【陽炎】 後ろを向く < ため息 < 左肩を出す < 両肩を出す < 妖艶なポーズ モードDの可能性大• また、青で、「この時を~」なら設定5以上。 奇数設定は「波乱」を選択しやすく、偶数設定は「朝駆け」「安定」を選択しやすくなっている。 最後までお読みいただきありがとうございます! 以上、 「バジリスク絆2 モード判別記事」でした!. 振り分けも、大きい数値であるので、当選時は、要注目です。 上位モードほどベルリプレイ確率がアップし、 争忍モードはバトル背景で示唆しています。 設定さえ入っていれば、聞けるレベルですね。

次の

【白ナビ】バジリスク絆 激レア中の激レア演出とは【激アツ】

バジリスクタイム 終了ボイス

まわりでもあまり見たことが無いです。 CZ(チャンスゾーン)に関係してくるので、結果的には高設定は、CZ(チャンスゾーン)当選率があがります。 周期モード3は、CZ(チャンスゾーン)確定。 設定示唆が勝負所かもしれないですね。 また、BCに当選するまではチャンス目を引くごとにモードの昇格抽選も行われています。 バジリスクチャンスの色は、数字はでていませんが、若干設定差あるのではないかと言われています。 【リセット時の周期】 リセット時は周期モード1確定!この 周期モード1はCZに入りやすい状態なので若干ではありますが恩恵といえるでしょう。

次の

バジリスク絆2 モード判別まとめ|通常時 モード テーブル解析 朧BCでのモード示唆 状態移行率

バジリスクタイム 終了ボイス

。 矛盾は、問答無用6確定になるみたいですね。 78% 超しりあがり 3. 朧「参りましょうぞ」… デフォルト• 争忍モード振り分け 継続モード別 争忍モード 継続 モード1 継続 モード2 継続 モード3 継続 モード4 争忍モード1 75. 新基準機は、設定が上でないと、なかなか勝てません。 前作(絆)では、特定の条件で、全員集合といった特殊パターンがありましたね。 学生時代はスーパーのバイトで貯めた150万円をパチスロに使いこみ、失ってしまう。 46% 6. 「追想or争忍の刻によって恩恵が変化」 BC当選タイミングは『追想の刻』or『争忍の刻』によって抽選値が異なり、前者の場合はゲーム数の上乗せだけでなく、前回が絆高確であった場合は、最低でも前回の絆高確以上に昇格。

次の