皇室 是々非々 目録。 眞子さま小室圭皇室是々非々日記によれば、フォーダム大学留学で...

皇室記事一覧(MOV)

皇室 是々非々 目録

しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。 2000年初頭に、 「美智子さまは自分が嫁入りで香淳皇后に苛められた意趣返しを雅子さまにしている」という根拠不明の噂がネット上を流れたが、その再来だろう。 最近は佳子さんも眞子さんに「もう諦めたら・・・」と説得の姿勢でもあり、また暴力団関係者と付き合いのある小室ママの存在もあり、何よりも「国民の祝福」など得られるはずがありません。 幸いにもこのお茶会は平成の後半に、より具体的には清子さんが結婚され参加頻度が落ちたこと、小室圭さん問題などが表出し紀子さまとの嫁姑関係に変化が起きたことなどから次第に開かれなくなった。 ジャーナリストの工藤美代子によれば、「大内糺」は実在せず、両陛下の側で使用人として使える内舎人(うどねり)かそれに近い人物から週刊誌のライターが得た断片的情報を面白おかしく脚色したものであったらしい。

次の

「是々非々」の使い方と意味を教えてください。「是非」とは何か...

皇室 是々非々 目録

そこで「酒の肴」として毎度のごとく取り上げられたのが、雅子さまへのバッシング(醜聞)だ。 退職後は故郷の千葉に戻り、ゆっくり過ごしておりましたが、昨今の皇室ニュースを読むにつけ、 皇室の未来に不安を覚えるようになりました。 ・この会社は社長の孫を甘やかしすぎだ。 多くの国民が報道を疑っていた。 だから、建物の名義も眞子内親王殿下で購入されることになるのでしょうね。

次の

[B!] 秋篠宮殿下の「心」は壊れた 記者との会話成立せず「誕生日会見」が放送禁止レベルの酷さ

皇室 是々非々 目録

小内誠一の不可解な動機 小内誠一はサイトの自己紹介にこう述べる。 案件も少なくしょぼい案件しか来ないので副業をする弁護士が多いのです。 仮に、眞子内親王殿下と小室圭氏が結婚したら皇室降嫁することになります。 。 彼のブログを読んだことがある人間なら分かると思うが、大内糺の記事と小内の意見は論調が瓜二つであることが分かると思う。 ただ、眞子内親王殿下の場合は、今の相手であれば降嫁することは確実なので、皇族ですらなく、そうした尊称は付くこともありませんし、降嫁するときに、成婚の記念という名目で支払われる金銭が眞子内親王殿下に渡るわけですが、渡ったあとはわかりませんが、その内容は、警備費などに当たる金銭であり、セキュアな建物に住みましょうねという意味あいの金銭です。 話は留学が終わってから。

次の

菊のカーテンが明かされる? 「小内誠一」は、現代の「大内糺」か?(宮本タケロウ)

皇室 是々非々 目録

週刊誌と前皇后との関係と「病」の真相に迫っている。 未だにそれらを信じているおばかな大衆がいることが、本当に腹立たしい。 この回答もすでに予想されていただろう。 何が兄天皇陛下ご一家を支える弟一家だよ、バカも休み休み言いなよ。 二人とも留学中になにもできないのはわかりきってるでしょうし、 数年はなにもできない留学中の人間を急がせるタイプの人ではないと思います。

次の

是々非々(ぜぜひひ)の意味とは? 正しい使い方をチェック

皇室 是々非々 目録

うんざり。 皇室の弥栄を願い本サイトを立ち上げました。 幾つかの事例についてだけでも,関係者の説明がなされ,人々の納得を得られれば幸せに思います。 やはり 陛下ご自身が健康である内に皇太子殿下に譲位をしたいのでしょう。 間違っていることを間違っているとはっきり言ってあげられるのが真の友情だと思う。

次の

是々非々(ぜぜひひ)の意味とは? 正しい使い方をチェック

皇室 是々非々 目録

陛下は未来の「天皇」と「皇室」についてとても憂慮されているのではないでしょうか。 また小室圭は「眞子が駄目なら佳子でもいい」とLINEでかいていたとのことです。 陛下のお身体は既に限界に達しているものと推察されます。 全体としては取り立ててもなかったわけが、との応答が成立していなかったり、顔色が悪かったりと、の体調がむしろされるような内容であった。 ただ、美智子一味に消されるのではないか、また小内氏の身に危険が及ぶのではないかと、とても心配ではある。 最後のお言葉の中に 「国民の理解」という表現がありました。 ようは 「 平成の皇室をサゲて令和の皇室をアゲる」帰結をもたらすために、ありもしない「嫁と姑の不仲」という古典的なシチュエーションを取り出し、 「 雅子さまをアゲるために美智子さまをサゲる」という演出である。

次の

「是々非々」の使い方と意味を教えてください。「是非」とは何か...

皇室 是々非々 目録

退職後は故郷の千葉に戻り、ゆっくり過ごしておりましたが、昨今の皇室ニュースを読むにつけ、皇室の未来に不安を覚えるようになりました。 ここにも敗戦国としての悲哀を感じてしまいます。 美智子さま「隠し財産」の貯蓄術• 本当に税金が使われているのなら、ありえない話となります。 金銭問題も相手側が母親を訴えてはっきりさせれば終わる話です。 彼の世界観は 「昭和の皇室をアゲて、平成の皇室をサゲる」というもので、美智子さまの皇后としての振舞いを批判するものだった。 文/宮本タケロウ 「元宮内庁職員」とやらのブログ 本年11月ごろから皇室ファン界隈で話題になっているブログがある。

次の

[B!] 秋篠宮殿下の「心」は壊れた 記者との会話成立せず「誕生日会見」が放送禁止レベルの酷さ

皇室 是々非々 目録

道理にかなうこととかなわないこと。 皇室の弥栄を願い本サイトを立ち上げました。 もしかして、このブログの作者は、お若い方、30代半ば〜40前半 ぐらいなんですかね? だったら、さほどリアルな昭和の皇室をわかってないのでしょうね 昭和の人間からすると、平成の天皇皇后が最初にバッシングされたのは しっかり理由がありますし、このご夫妻がまだ東宮だった頃の 問題も沢山あったわけで 庶民は薄々気がついてましたよ ただ、「皇室のことだから」と生暖かく見守っていただけで それが、一気に、あの違和感は正しかったのか、って腑に落ちる 方々が多々あって、これからも増えるだろうということです 自明の理というか、因果応報というか 平成の粉飾しまくられた皇室、開かれた皇室と謳いながら 実際は昭和よりもはるかに閉ざされた皇室 ネット時代には感謝です 宮本さん、貴方のような方がいるから 小内さんのような方が本当の事を書かざるをえなくて 敢えて良心に従ってブログを立ち上げられたのだと思いますよ! 宮内さんのなさっている事は、小内さんの正しい行いの真逆で、貴方が小内さんのブログに対して納得が行かない思いを抱いているのと同じ、いえ、もっと もっと多くの方々が宮内さんの一貫性の無い不愉快なブログに対して腸の煮えくりかえる思いをして貴方のブログに反論しているのですよ! コメント欄のポチ数を見ても一目瞭然なのがお解りにならないのでしょうか? 宮内さんって 皆様のご自分に対するコメントをご覧になって恥ずかしくないのかといつも思っておりましたが、それすらも理解出来ないなんて 本当に残念な方ですね!. 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。 対抗して議論するなら堂々としたらどうだ。 たいてい美智子さまが週刊誌のスクラップ帳を持ち出して「あら。 そして令和になっても、天皇陛下、雅子皇后陛下に慶事があるとそれを邪魔する(それに水を差す)かのように、自分の体調不良を週刊誌に書かせている。

次の