行政書士試験科目。 本試験科目分析

行政書士試験の概要(試験科目、試験日程、合格率・難易度等)

行政書士試験科目

法令科目ばかり勉強していると、一般知識でつまずいて不合格になることも珍しくありません。 あらゆる法律を学ぶ弁護士などとは異なり、行政書士試験では 数ある法律の中でも行政書士の業務と関連の深い一部から出題されるのが特徴です。 これらのことに気をつけて、正解を目指しましょう. 必然的に行政書士のメイン科目となり、勉強する際に一番力を入れる必要があるので、一番時間を割いて勉強をしていく必要があります。 法令科目2:憲法 憲法は、中学や高校の授業でも勉強する機会が多いため、なじみがあるのではないでしょうか。 特に色を付けている部分が要注意です。

次の

行政書士の試験科目から見えてくるもの

行政書士試験科目

独学の学習が不安な方は「」のページへどうぞ。 一般知識2:情報通信・個人情報保護 近年は情報機器の発達が目覚ましく、それらに関する法律も整備されてきました。 法令科目……問題数:46問、配点:244点• 試験会場の多くは、大学や専門学校、高校など、教室型の部屋が確保できる施設になっています。 本試験では、2問以上正答できれば、かなり楽になります。 情報通信・個人情報保護で2問が目標ですが、個人情報保護法の条文読み込みと、もともと持ってる自分の知識で何とか取れるはずです。

次の

【行政書士】試験科目の特性と効率的学習法 | 法律資格合格応援サイト

行政書士試験科目

具体的な事例が問題として出題されることも多くありますが、どこの何の知識を使って条文はどれなのかわからない問題もあります。 このような配点となっている行政書士試験ですが、 合格ラインは次のように設定されています。 クレジットカード又はコンビニで受験手数料( 7,000円)を払込み 具体的な受験願書の取寄せやインターネットの申込みについては、をご確認ください。 一般知識の中では比較的得点しやすい科目となっています。 法令科目の科目別出題数 【基礎法学】5肢択一式 2問 【憲法】5肢択一式 5問、多肢選択式 1問 【行政法】5肢択一式 19問、多肢選択式 2問、記述式 1問 【民法】5肢択一式9問、記述式 2問 【商法・会社法】5肢択一式 5問 合計46問 一般知識の科目別出題数 【政治・経済・社会】5肢択一式 7〜8問 【情報通信・個人情報保護】5肢択一式 3〜4問 【文章理解】5肢択一式 3問 合計14問 試験は、主に大学の教授で構成された試験委員が作成しています。 そのため、行政法部分はかぶらないことになります。

次の

行政書士の試験科目や点数の配分からわかる大事なことは?

行政書士試験科目

出題範囲 長文を読んでその論旨に合う選択肢、または誤っている選択肢を選ばせる問題、正しい言葉を挿入させる虫食い問題、並び替えの3問が出題されます。 一般知識……問題数:14問、配点:56点 基礎法学 出題数 配点 2問 8点 「基礎」と付きますが、決して簡単ではありません。 全科目をできるだけ同じペースで学力を高めていくことが理想ですね。 行政書士試験で出題される行政法は、行政作用について定めています。 毎年2問しか出題されないため、行政書士試験の受験者にも度々捨て科目にされてしまっているのが実情です。

次の

行政書士試験の「一般知識」のおすすめ攻略法・対策とは?

行政書士試験科目

判例の判旨や争点などなぜその判例が重要なのかを理解しておきましょう。 試験では特に 債権から多く出題されます。 情報通信・個人情報保護• なお、ボリュームが大きくなってしまうので今回の記事では主要どころの行政手続法、行政審査法、行政訴訟法だけにしておきます。 法令科目の特徴 行政書士は、役所などに提出する書類に作成や提出代行を主に行う仕事です。 行政書士試験に出題される憲法では、「基本的人権の尊重」が原則の1つとして定められています。 資格とさむらい業 最難関国家試験と言われる司法試験に合格した弁護士ですら ただ資格にあぐらをかいていては食べていけない時代です。

次の

行政書士試験 資格・試験ガイド

行政書士試験科目

範囲が広い割には出題数が少ないためあまり時間をかけることは得策とは言えません。 法令科目(行政書士の業務に関し必要な法令等)は 46問。 問題を解くときにも、事案を図に書きながら、事案を読み、分析することが必要です。 多肢選択 配点が高く、全部正解でなくても点がもらえる 出題数 配点 3問 24点 多肢選択とは、20個の選択肢の中から正解の4つを選ぶ形式の科目です。 また、最近の出題傾向としては時事問題が多く出題されていることが特徴としてあります。 なお、完璧な回答でなくても途中点がもらえる出題形式です。 処分の取消しの訴え及び裁決の取消しの訴えは、 当該処分又は裁決の取消しを求めるにつき法律上の利益を有する者(処分又は裁決の効果が期間の経過その他の理由によりなくなった後においてもなお処分又は裁決の取消しによって回復すべき法律上の利益を有する者を含む。

次の