マリックスライン。 マリックスライン「クイーンコーラルプラス」[Advectionfog]

事業内容

マリックスライン

鹿児島通運グループ 鹿児島通運株式会社 JR貨物に係る輸送・引越・その他一般貨物輸送 住所 〒892-0817 鹿児島市小川町23-11 TEL 099-226-1930(代表) FAX 099-225-8383 ホームページ マリックスライン株式会社 一般旅客定期航路事業(鹿児島~奄美各島~沖縄定期航路) 住所 〒892-0836 鹿児島市錦江町1-7 TEL 099-226-2121(代表) FAX 099-226-2126 ホームページ 薩摩倉庫運輸株式会社 食品関連の冷蔵・冷凍輸送・倉庫業務・その他一般貨物輸 住所 〒891-0131 鹿児島市谷山港3丁目1-6 TEL 099-261-7979(代表) FAX 099-261-7994 ホームページ マリックス物流サービス株式会社 海上コンテナ輸送・船舶業務・その他一般貨物輸送 住所 〒892-0836 鹿児島市錦江町1-7 TEL フリーダイヤル 0120-282-731 FAX 099-224-8272 ホームページ 明昭産業株式会社 車両整備・コンテナ修理 住所 〒891-0131 鹿児島市谷山港2丁目5-19 TEL 099-261-8877(代表) FAX 099-261-4085 ホームページ トランスネット沖縄株式会社 マリックスラインによる航送手配・切符販売・その他一般貨物輸送 住所 〒900-0035 沖縄県那覇市通堂町2-1(那覇港ターミナル内) TEL 098-868-9598(代表) FAX 098-868-0384 ホームページ. 50m、出力13,500PS、航海速力20. クイーンコーラル7 1986年10月就航、1999年9月「クイーンコーラル8」就航にともない引退、中国のフェリー会社に売却された。 後に甲板上に12ftコンテナの積載能力を設ける改装を受けた点はクイーンコーラルと同様。 こちらはなんと1室しかありませんので、 混み合う時期は非常に取りずらいお部屋です。 就航中の船舶 [編集 ]• 1ノット)。 椅子が並んだスペースがメインで、売店と軽食コーナー、授乳室、トイレ、自動販売機などがあります。 船が着岸すると、船尾のランプウェイが開き短い停泊時間に荷役が始まりました。

次の

マリックスライン「クイーンコーラルプラス」[Advectionfog]

マリックスライン

これで25時間はきついかも! 対するマルエーフェリーの方は、しきりがついていて少し使いやすいかも。 フェリーとして各離島間の物流の要として機能しているため、農繁期や引っ越し時期など貨物量が増加する時期は各離島経由する運航形態により各寄港地の停泊予定時間を超過し、遅延が寄港する度に加算され最終目的地で大幅に遅延することもある。 この 沖縄ー鹿児島航路は、通しで乗るとなんと25時間もかかる長い旅路です。 グループ企業が連携して業務を行っていますので、南は沖縄から北は北海道まで、 輸送を窓口一つでお受けできます。 テレビや洗面台が完備された1名用の個室です。 就航中の船舶 [ ]• 船体規模に対しエンジン出力が大きい為、 船体振動や騒音が大きい [ 要出典]。

次の

マリックスライン「クイーンコーラルプラス」[Advectionfog]

マリックスライン

積載数:トラック 8t 27台・乗用車72台・コンテナ 10ft 242個など。 - () - (亀徳港) - (和泊港) - (与論港) - -• 沖縄から奄美群島の島々を巡り鹿児島に向かう船の旅は、旅行者や島民のみなさまの足となっています。 - () - (亀徳港) - (和泊港) - (与論港) - -• (昭和28年): 照国海運株式会社が、鹿児島 - 奄美航路を開設。 のち、日本国外()に売却。 照国郵船時代に、クイーンコーラル(初代)が日本高速フェリー「さんふらわあ」と共に撮影で使用されている。 航路 [ ]• 旅客定員470名(臨時定員800名)。

次の

沖縄ー奄美群島ー鹿児島を繋ぐフェリー。マリックスラインとマルエー。

マリックスライン

『名船の條件 照国郵船クイーンコーラル』島海龍雄・著(p. 沖縄に残っている唯一の長距離航路、鹿児島〜奄美群島〜沖縄本島で、沖縄本島の那覇から鹿児島県の与論島まで「フェリーあけぼの」に乗船しましたが、その帰り道「クイーンコーラルプラス」に乗船しました。 ドクターリトーです。 2ノット)。 マリックスライン見学レポート第2弾です。 乗船を考えているお客様にとって、このレポートが少しでもお役に立てれば大変嬉しく思います。 。 4,924総トン、全長140. 旅客定員500名。

次の

マリックスライン見学レポート(クイーンコーラルプラス編3)

マリックスライン

基本お湯はお客様自身で利用時に張っていただくんだそうです。 二つの会社が交互に交代で運行するシステムになっています。 従来船に無い設備として、1等1名室、2等洋室(2段ベッド)、ペット室などを設ける。 次は客室『2等洋室』です。 2008年12月3日就航。 従来船に無い設備として、1等1名室、2等洋室(2段ベッド)、ペット室などを設ける。 ニュークイーンコーラル 1982年11月就航、1993年10月「クイーンコーラル」(2代目)就航にともない引退。

次の

マリックスライン

マリックスライン

つづいて「展望浴室」をご紹介します。 - マリックスライン(2011年4月29日閲覧)• 1999年3月竣工、同年9月就航。 続いて乗船する人が乗船します。 81m、全幅20. 船は前日の夕方に鹿児島港を出港してきたものです。 1983年6月引退。 積載数:大型車26台・乗用車44台・コンテナ 10ft 238個など。 84総トン、全長128. 1993年3月竣工、同年10月就航、2008年12月引退。

次の

単行列車の枕木に揺られて: 鹿児島→本部:マリックスライン「クイーンコーラル8」乗船記(前編)

マリックスライン

照国郵船時代に、クイーンコーラル(初代)が日本高速フェリー「さんふらわあ」と共に撮影で使用されている。 明昭産業株式会社 - 九州運輸局指定民間車検工場、指定工場、損害保険代理店• 「ゲームコーナー」もありました。 トランスネット沖縄では、乗船するお客様や有人車のお客様への切符販売などを行っています。 僚船の「クイーンコーラル8」のほか、同航路を運航するの船舶とも速度差があったため、運航時刻が別立てになっていた。 4m、出力9,000ps、航海速力23. 会社更生法の申請に至った理由として、同年9月に照国海運がタンカーの大量発注など誤った施策により破綻・倒産した影響のほか、のによる一時的な観光需要に合わせて就航させた旅客重視の大型船建造、当時の子会社()による「」シリーズの多額の建造費、後の燃料費の高騰などが経営に悪影響を及ぼしたとされる。

次の