モバp ヤンデレ ss。 モバP「脅迫された……」

[B!] モバP「え?なに、お前ら彼氏いんの?」 : モバマス SS

モバp ヤンデレ ss

これは肩書き関係ないですしね」 ちひろ「……いりません」 P「なんで?」 ちひろ「支社にちゃんと固定電話がありますから……」 P「いやいや。 一発で成功させるなんて流石だな」 まゆ「うふ、Pさんが見てくれたからですよぉ」 P「誰にでも出来ることじゃない。 言い訳ですが、前に投稿した時にはすでに、海外に行かされる辞令がでていたのですが。 ま ゆ は ヤ ン デ レ だ よ」 まゆ(Pさんが少し怖いけどここははっきり言わないといけませんねぇ) まゆ「Pさんはまゆをしっかり見ていません。 結婚指輪はもう買ってある。 名無しだもんげ!• 名無しだもんげ!• 燃やせば灰も残りませんよ」 P「あはは。

次の

【輿水幸子SS】モバP「ヤンデレ特集…?」

モバp ヤンデレ ss

親には私から言っておくから。 まあ森久保絡みなのは合ってるんですが」 P「最近ものすごく積極的なので、その、本当に手を出しそうで、我慢するの、むーりぃー」 ちひろ「乃々ちゃんの口調うつってますよ。 まゆは最高のアイドルだ」 まゆ「Pさんにそう言われるとなんだか恥ずかしいです」 P「じゃあ車に乗ってくれ、なにか食べたいものがあるか?」 まゆ「Pさんが行きたいところに連れていってください」 P「分かった。 88 ID:BSXGdPaw0 短いですが終わりです。 海外に行くのはプロデューサーさん一人だけですよ。

次の

のくす牧場 : ヤンデレ

モバp ヤンデレ ss

読んでくれた方ありがとうございました。 まあコーヒーでも飲んでくれ」 まゆ「Pさんがいれてくれたんですか?嬉しい」 P「資料だ読んでくれ」 まゆ「……佐久間まゆ引退ライブってなんですかぁ?」 P「ああまゆには引退してもらう」 まゆ「まゆは引退したくありません」 P「なんで?」 まゆ「アイドルをやめたらまゆはPさんといられなくなるじゃないですかぁ」 P「大丈夫。 ちひろ「プロデューサーさん、これでだいたい片付きましたよ」 P「ありがとうございますちひろさん。 ひとまず落ちつきなさい」 部長「君達が反対するのもよくわかる。 2年待っても、プロデューサーの運命の相手は、まゆに変わりありませんよぉ?」 P「そうじゃないぞまゆ。 言うとおりにする……」 『うふふ、楽しみにしていま……じゃなくてちゃんと言うとおりにしてくださいねぇ? 2013年01月23日 06:31• 嘘をついている目ですか?」 P「綺麗な目だ。

次の

【緒方智絵里SS】モバP「まゆってヤンデレだよな」

モバp ヤンデレ ss

2013年01月23日 09:44• 87 :WkjtsP3l0 P「なんとかって……」 ちひろ「お金の力は無限です!」グッ P「は、はぁ……」 ちひろ「さてと……すいませんプロデューサーさん、私ちょっと席外しますから、電話お願いしてもいいですか?」 P「え、ええ。 形がないから壊れることはない。 新しい仲間との出会い」 部長「強敵との死闘。 形があるものはいつか壊れるんですよ?」 P「分かった。 名無しだもんげ!• その世界に誰も入ってこない」 P「なんて素敵な世界なんだろう」 P「誰も触れない二人だけの国」 P「もうすぐそこまで来ている」 智絵里「まゆちゃん」 まゆ「どうしたんですかぁ?」 智絵里「まゆちゃんアイドルやめませんよね…」 まゆ「どうしたんですかぁ?まゆはアイドルやめる気はありませんよぉ」 智絵里「良かった。 名無しだもんげ!• 名無しだもんげ!• 結果的に楓さん達を振り回すことになってしまったのですから」 楓「いえ、プロデューサーは悪くありません。

次の

モバP「申し上げます!!」: ヤンデレSSまとめ

モバp ヤンデレ ss

76 ID:BSXGdPaw0 P「なんでだ?まゆだってこうして奪われる妄想をしてたじゃないか。 それで、さっき、プロデューサーさんの悪口が、聞こえたような……」 森久保「ま、まゆさん……いえ、それは、そ、その……ち、違うんです」 森久保「えっと、最近、プロデューサーさんが、もりくぼのことを、いぢめてきて、それで……」 まゆ「そうねぇ……最近、とても仲が良いものねぇ……」 まゆ「プロデューサーさんと、あんなにお話できて、羨ましいですねぇ……」ハイライトオフ 森久保「ま、まゆさん……?」 森久保「プロデューサーさんは、もりくぼなんかよりも、まゆさんとお話していればいいのにって、思うんですけど……」 まゆ「……乃々ちゃんは、プロデューサーさんのこと、嫌い?」 森久保「嫌い……では、ないです。 1 メタ情報• 形がないから壊れることはない。 30 ID:BSXGdPaw0 ちひろ「警察を呼びましょう。 まゆを勝手に枠に押し込めてその中のまゆを見ているだけです」 P「いやいやそんなことないって」 まゆ「不愉快ですよぉ。 ああ俺も服を脱ぐべきか」 まゆ「見ないで。

次の

【R

モバp ヤンデレ ss

まあヴィーナスの誕生みたいで綺麗だけど。 流石にこれは居ない。 それにしても本当にすみません。 じゃあ引退ライブはやめよう」 まゆ「分かってくれればいいです。 ならば早めに言わないと) P(それに凛は、15歳とは思えないほどに大人びていてしっかりしているし。 まゆは最高のアイドルだ」 まゆ「Pさんにそう言われるとなんだか恥ずかしいです」 P「じゃあ車に乗ってくれ、なにか食べたいものがあるか?」 まゆ「Pさんが行きたいところに連れていってください」 P「分かった。

次の