モーツァルト 40番 名盤。 【たぶん初心者むけ】モーツァルト中毒の僕がおすすめする名曲&名盤(CDアルバム)

モーツァルト:交響曲第40番【クラリネットの謎】名盤8枚の解説「憂える女神の横顔と癒やし」

モーツァルト 40番 名盤

そして、それを100%生かすコンセルトへボウの音と上手さです。 スポンサーリンク. とは言え、この楽章は特に大きな謎があるという雰囲気ではなく、奏者による違いはテンポの速さや軽やかさ、逆に鈍重さなどにみられ、好き嫌いはあれ誰の演奏を聴いても素直に感動できると思います。 第三楽章は中庸のテンポで、終楽章も走りません。 第25,29,31,33,34番も含む4枚。 これはアビーロード・スタジオにおけるイアン・ジョーンズのリマスタリングである。 なおCDには収録日の記載はない。 年齢とは関係なく、表現意欲が旺盛なのでしょうが、このレベルで演奏できる若手が続くのか気になります。

次の

モーツァルト 交響曲第39番変ホ長調K.543 名盤: ハルくんの音楽日記

モーツァルト 40番 名盤

第2楽章(7:38) 弦楽器が淡々と刻むリズムに乗って穏やかな旋律が展開されます。 第1楽章「モルト・アレグロ(きわめて速く)」 「モオツァルトの悲しみは疾走する」 とは、小林秀雄先生がモーツァルトの他のト短調の曲を言いあらわしたものです。 同様にアクセントを強めるという癖はなく、ロング・トーンの真ん中を強 めるメッサ・ディ・ヴォーチェと所々でフレーズの語尾を切るところは見受けられるものの、目立つものではありませ ん。 40番は全集の方にはクラリネットなし版も収録されているようですが、第一楽章のテンポは速くなく、モダン楽器の 演奏並みでピリオド演奏としては遅い方です。 「よろこび」も「悲しみ」もそして、「生」や「死」すらも超えてしまっていた。 第40番。

次の

モーツァルトの交響曲第40番、41番の名盤

モーツァルト 40番 名盤

古楽器を使用しての演奏は、 意外と、こんな「疾走感」で、透明な悲しみを表現出来るのかもしれないなと、ふと思ったりしますね。 アホーさんの仰るように、あの人工的なポルタメントに違和感があります。 このCDは1972年にレコーディグされたものです。 ・ADES 13. 第40番。 ) アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 Altus。

次の

モーツァルト:交響曲第40番【クラリネットの謎】名盤8枚の解説「憂える女神の横顔と癒やし」

モーツァルト 40番 名盤

簡明というのは主張や表情がないというのとは違います。 スポンサーリンク 最後に 僕が、クラシック音楽に興味を持ち、特に用もないのにレコード屋に入り浸っていた頃が懐かしいです。 情緒的 なサッパリ感はガーディナーの方が強いかなという感じです。 1 CD93. この演奏はTV放映されたが、楽章毎に用意された椅子に座って休む彼を見てちょっと痛々しかった。 現在ではが所有している(ブラームスの遺贈)。 しかしこのピノックの39番もやはり優劣つけがたいほど魅力 的です。 どうしてでしょうか。

次の

「名盤を探る」第7回 モーツァルトの交響曲第38番「プラハ」■An die MusikクラシックCD試聴記

モーツァルト 40番 名盤

音が良くない中にも伝わってくる、高雅さ。 奇異なところのない自然さがこの演奏の魅力でしょう。 OIBP化。 静かなところから微細な表情を付けながらテヌートでクレッシェンドして行くと ころなど朝もやがたなびいているようで感じ入ってしまいます。 132(9月13日)、第34番 KV. どちらも解放前の演奏です。 第二楽章はゆっくりです。

次の

モーツァルト 交響曲第39番変ホ長調K.543 名盤: ハルくんの音楽日記

モーツァルト 40番 名盤

1968年5月19日、ムジークフェラインでのウィーン音楽週間ライヴ。 39・40番が1959年、あとは1961年録音。 第二楽章はよくしなう旋律線が印象的で、テンポは遅くはなく、ほどほど中庸というところで す。 1991年7月28日、没後200年のザルツブルク音楽祭開幕コンサート。 名曲ぞろいなのでどの曲から聴けばいいのか参考になるかと思います。

次の

モーツァルト交響曲39番 名盤聞き比べ(CD比較)

モーツァルト 40番 名盤

この3曲は1788年の夏に、たった2か月という短い間にたて続けに作曲されましたが、このときモーツァルトは32歳。 第40番。 リズムはピリオド奏法なので一音ずつ区切れている感じはあり、それもホグ ウッドと共通ながら、ホグッドより少しくっきりしています。 スラーに よってつながる度合いもわずかに減っている気もします。 その後1989年4月、カラヤンはベルリンフィルの音楽監督の終身指揮者のポストを辞任。 交響曲第25番はこの影響があるのではとも言われています。 機械的・類型的な演奏でも決してありません。

次の

交響曲第40番、第41番『ジュピター』 クレンペラー&フィルハーモニア管弦楽団 : モーツァルト(1756

モーツァルト 40番 名盤

今のところ2点リリースされている。 また、カラヤンと同様に、録音技術の進歩に応じて、同じ曲を繰り返し録音し、それが音楽家としての成長・円熟をも記録することになった演奏家でした。 評論家はよく決定版・名盤というのが好きですが、名曲であるからこそ1つに決定できないものです。 8 でー5dB 以内で落とし、10KHz やや手前から上の周波数に向けて棚状に+3dB 超えない範囲で持ち上げました。 冒頭からのティンパニは軽やかで、キレはありますが過度に力強くはしません。

次の