あいのり ジェノ べ。 【あいのり:African Journey】強烈肉食キャラ・ジェノべ、合流3日で心変わり ヒデの恋に進展

あいのりアフリカンジャーニー 16話 ジェノバがやばいヒデとハスキーが

あいのり ジェノ べ

でもきっと優しいJOYくんなら、全てを受け止めてくれると思います。 するとジェノベがここで猛アタックするのです。 ジェノベはハスキーへのロックオンを3日で解除。 これでアフリカンジャーニーは終わり。 キリマンジャロとえいば、標高5,895mのアフリカ大陸最高峰です。

次の

【あいのり:African Journey】強烈肉食キャラ・ジェノべ、合流3日で心変わり ヒデの恋に進展

あいのり ジェノ べ

キリマンジャロ登れたし いいところでリタイアしたってことかなぁ。 ハスキーは辛い過去をJOYくんに打ち明ける決意をし、幼少期から父親が何度も変わり、本当の父親が分からないことなど複雑な家庭環境を告白。 ジェノベ「勝負服だべそれ?」 あおにゃん「違うよ(笑)」 ジェノベ「ちげぇの?え?一緒に写ろうよ?ラブワゴン」 あおにゃん「ちょっと待って?」 あおにゃんは「う〜ん…」と目をしかめて、本当に悩んでいるようです…。 苦いのに超スッキリしてる!」と美味しそうに頂いていました。 この急展開にスタジオも「何なの~!?」と驚いていた。

次の

【あいのり:African Journey】2つの恋が決着 どんでん返しの結末にスタジオ驚愕「ありえない!」

あいのり ジェノ べ

チェンジ・ザ・ワールドだよ!」 すると、ずっとうつむいていたあおにゃんが、急にモジモジし始めます。 ジェノベは 「帰ろう!?信じてくれ」とたたみかけます。 大丈夫!新たな自分見つけよう?俺もそうやし」 するとあおにゃんが「う〜ん…」と悩み始めます…。 草食系男子として旅では何度も自信を失っていたJOYくんは旅を通してヘタレを卒業。 いつもありがとうございます。 旅の途中、参加者は意中の相手に日本に帰るためのチケットを渡し、愛を告白。 ついにアフリカンジャーニーが終わってしまいました。

次の

【あいのり:African Journey】2つの恋が決着 どんでん返しの結末にスタジオ驚愕「ありえない!」

あいのり ジェノ べ

独り相撲状態のJOYくん この日、ラブワゴンではJOYくんが久しぶりにハスキーの隣に座っていました。 返事を返している中での心変わりというどんでん返しにスタジオも「ありえない!」と興奮。 まずは運命の朝。 日本帰ってもダイエット頑張って。 ということで、全員がキリマンジャロ登山に賛成したのでした。 ハスキーの気持ちを受け止めたJOYくんは翌日、サプライズが好きだと聞いていたハスキーに特大のサプライズを贈ろうと、1人で木材を買いに行き、6時間かけてブランコを手作り。 一緒に買い出しに行き、英語で積極的に買い物をリードするハスキーにJOYくんの思いはますます高まるが、ハスキーの日記には「JOYくんは裏表がなくて一緒にいて楽しい。

次の

あいのり:African Journey : あいのりブログ1

あいのり ジェノ べ

泣いているハスキーを慰めたのがジェノバ (俺を求めてるかなって思って). スタジオMCは1からベッキーが続投しているほか、新たに加藤諒、武田航平、丸山桂里奈が加入。 by ainori222. こちらもよろしくです。 この時すでに、キリマンジャロ登山の手配をし、費用も前金で支払い済みだったのです(笑)。 ここでは有機肥料しか使わないオーガニックコーヒーを作っていました。 キリマンジャロでは、ステキな石のお守りをくれて、私も登ることが出来て、私のこのあいのりの旅が楽しくなったのも、ジェノベのおかげだなって思ってる。

次の

あいのりアフリカンジャーニー22話最終回ネタバレ!2カップル成立おめでとう!

あいのり ジェノ べ

一方ハスキーもジェノベを指名し相変わらずいい感じ…でしたが。 絶対誰にでも出来る話じゃないしさ。 さらに、『あいのり』新シリーズとして、FOD、Netflixにて2017年に『あいのり:Asian Journey』、2018年に『あいのり:Asian Journey2』を配信開始した。 このあいのりの旅を通して、その闇が少しでも晴れるといいのですが…。 私も悪かったからな…。

次の

あいのりアフリカンジャーニー18話ネタバレ!ジェノべがあおにゃんにロックオン

あいのり ジェノ べ

絶対向き合うこととかなくて。 『恋愛観察バラエティーあいのり』は、1999年10月から2009年3月まで約9年半に渡って地上波で放送していた恋愛バラエティー番組。 ハスキーがどうしても話したかった事 翌日。 とってくれますか?(笑) JOYくんは「もちろん」と笑顔で答えます。 一度それを経験しているヒデは、きっつい登山であることを正直に話します。 ちょっと圧が強そうだし、ズバズバダメ出しされそうだし…。 なんかもう辛いのは自分だけでいいし… そんなハスキーでしたが、JOYくんの存在と、キリマンジャロの朝日が、ハスキーに鎧を脱がす決意をさせたのです。

次の