ゼロ トラスト と は。 「脱・境界型セキュリティ」を実現するには? ゼロトラストへ移行するための5つのポイント

解説「ゼロトラスト」シフト:脱“境界セキュリティ”が進む2つの動き

ゼロ トラスト と は

そんな考え方が、セキュリティーと利便性の両立を実現させた。 さらに、拠点のない地方や海外に居を構えて働く、いわゆるノマドワークを取り入れる会社も現れ始めた。 このような状況下では、境界内が安全であるという接続環境の前提に立ったモデルではなく、全ての情報資産へのアクセスは前提を置かないモデルを採用する必要があります。 具体的には、出荷直前にバイナリファイルを監査、診断する機能や、某弱性対応状況をレポートする機能を持っている。 ゼロトラスト・セキュリティーの概念が脚光を浴びている背景として、境界内が安全であるという前提を置くセキュリティー・モデルが破綻しつつあるということが考えられます。 例えば、「モノのインターネット (Internet of Things、IoT)」の場合、MRI装置がネットワークデバイスとしてパッチ未適用であり、エージェント化されていない場合を考えてみます。

次の

解説「ゼロトラスト」シフト:脱“境界セキュリティ”が進む2つの動き

ゼロ トラスト と は

基本要件3:システムの完全性 コンポーネント・通信の完全性、真正性検査、安全な更新、物理保護に関する要件を定義している。 また、ユーザーに対するマルウェア、ランサムウェア、フィッシング、DNS データ窃盗、高度なゼロデイ攻撃など、標的型脅威を事前に特定およびブロックして、緩和する必要もあります。 したがって産業向けIoT機器にはレベル3以上のセキュリティ対策が求められる、というのが岸田氏の意見だ。 これに対応するためにリモート接続用のPC向けに別の製品を入れるなどでセキュリティを担保する事もありますが、これもコンがケースバイケースになる事で複雑化してしまい望ましくはありません。 これはリモート専用の設備なのでリモート利用者向けにキャパシティプランを組み立てますが、そこがネックです。 このようなSDPの仕組みを実際に提供する製品も、すでに登場しています。 ゼロトラストの考え方を内部不正対策に適用する場合、コストや利便性においてある程度の妥協が必要になるため、場所を固定した従来型の境界対策は依然として有効です。

次の

テレワーク推進で高まるセキュリティリスク 解決策は「ゼロトラスト」:全てのアクセスを信用しない理由

ゼロ トラスト と は

このような状況に対応していくには、今のうちからSDPの確立に向けて動き出す必要があると言えそうです。 また、CAACを基本とした次世代認証基盤により社内も自宅もDCもも一貫した仕組みでアクセスコンが出来ます。 による暗号化と次世代認証基盤を使ったCAACによるアクセスコン• 利用者や端末、エリアなどを無条件に信頼しないという考え方をとるモデルである。 2章では、端末から守るべき資産(データ)に対してのアクセスが行われる際に、必ずチェックが行われるべきであると述べられており、データへのアクセス前に、アクセスの信頼性と妥当性を確認するモデルが提示されています。 VPNに頼らずとも、システムをどこからでも安全に利用可能にしていたのだ。

次の

ゼロトラスト・セキュリティ

ゼロ トラスト と は

この「今の時代に適したセキュアなネットワーク」を実現するために、LIXILはアカマイ社のEAA Enterprise Application Access と呼ばれるテレワークソリューションを用いてゼロトラストアーキテクチャを実現している。 公開情報や機密情報でないものならアクセスを許可し、社外秘データをはじめ機密レベルの高いものはアクセスをブロックする。 これまでに組織で運用されてきた、従来型の境界セキュリティモデルとともに新しい Zero Trust Architecture ZTA は構築されるべきで、 境界モデルそのものが完全に排除されるわけでは無いという点を改めて理解することができます。 異なる作業を組み合わせるためオペレーションや業務フローが煩雑になりがちです。 導入ご検討の際にぜひご活用ください。 しかしながら、クラウド利用の促進や、働き方改革により、企業内からではなくInternet上から企業の情報資産にアクセスするケースが急増し、境界の内と外という概念のみでセキュリティー・モデルを維持できない状況となっています。

次の

ゼロトラスト・セキュリティ

ゼロ トラスト と は

新型コロナウイルスの感染拡大が収束した後も、物理的な企業オフィスの「外側」で働く従業員は、さらに増えていくことになるでしょう。 最後に、境界の内側の安全性について。 Zero Trust では、• それでは、! お客様担当SEとして主にネットワーク・インフラ分野の設計・構築を担当後、2003年よりセキュリティー・コンサルタントとして、グローバル・セキュリティー管理態勢整備、CSIRT構築、セキュリティー・アセスメント、リスク分析、プライバシー保護、技術情報保護など、業種、分野問わず、サイバーセキュリティーにかかわる数多くのコンサルティングやプロジェクトをリードし、チームビルディングや組織マネージメントに豊富な実績を有している。 デバイスそのものの高機能化 デバイスそのものがネットワークへ自律的に接続できるレベルまで高機能化しており、従来はサイバーアタックの対象にならなかった機器が、攻撃対象として見なされるケースが非常に増えてきているというのだ。 Jericho Forumのアイデアからさらに、集中管理型のセキュリティ制御ですべてのセキュリティを管理するモデルも考えられました。 境界の内側の安全性を確保することができる このような前提はことごとく崩れ去ろうとしている。 所有し関連するすべてのデバイスが可能な限り最も安全な状態であることを保証し 資産の継続的な監視と安全状態の保持• デバイスの保護: PC への侵入検知・隔離• 一言でと言ってもその特性や実装はや製品で大きく異なりますが、企業向けのリモート接続でC2Sのに要求される機能は以下でしょう。

次の

ゼロトラストセキュリティとは何か? そのアーキテクチャと運用体制 |ビジネス+IT

ゼロ トラスト と は

1つは「SDPホスト」、もう1つは「SDPコントローラー」です。 その中でも有効なセキュリティ技術として「マイクロセグメンテーション」に期待が寄せられています。 また、クラウドベースのゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)ソリューション「Netskope Private Access」も新たに提供開始しました。 「正規雇用社員だから安全」とは言えない。 Hybrid Zero Trust Architecture : ほぼすべての組織では、ゼロトラストアーキテクチャと 既存環境と共存する一定期間(半永久的な可能性もある) が必要 と、現実的な視点でコメントしています。

次の